包茎手術について

包茎矯正器具について

包茎矯正器具とは、余分な包皮を剥いて亀頭の露出した状態に固定すると言うものです。こうして癖を付ける事によって次第に包皮が剥けた状態で固まり、最終的には矯正器具を外しても亀頭の露出が保たれると言う原理です。これらは仮性包茎用の矯正器具ですが、真性包茎用の器具も存在します。

包茎矯正器具にも様々な種類があります。一番多いのはやはり仮性包茎用の物で、リングタイプ、接着剤タイプ、見た目も普通と変わらないトランクスタイプ等があります。しかしこう言った包茎矯正器具も、使い方次第では危険な道具になってしまいますので安全性と使用方法を良く確認した上で治療を行って下さい。

また、包茎矯正器具は手術とは違い、即効性はありません。軽度の仮性包茎で1から3ヶ月、普通だと約半年から1年程度を見た方が良いでしょう。大事なのは、毎日無理をせずに続ける事です。そして、もし違和感や痛み、出血等があればすぐに専門の医師に相談して下さい。


>> 次ページ「包茎手術の下準備から手術準備まで」へ

包茎の基礎知識
包茎とは
包茎手術の必要性
包茎の原因
仮性包茎について
真性包茎について
カントン包茎について
包茎の衛生的問題点
包茎と病気
包茎の精神的問題点
包茎治療について
包茎手術について
手術の概要
切開系治療について
非切開系治療について
手術にかかる費用
手術のリスク
包茎矯正器具
包茎手術の流れ
下準備から手術準備まで
カウンセリングから仕上がりイメージまで
切開から縫合まで
手術完了からアフターケアまで
包茎豆知識
日本人の包茎人口率
世界の包茎事情
包茎にもメリットある?
虫や動物にも包茎はある?
包茎の歴史と割礼
包茎は男性だけの悩みではない?
包茎クリニック一覧
皐月形成クリニック
山の手形成クリニック
上野クリニック
大宮中央クリニック