包茎手術の流れについて

包茎手術完了からアフターケアまで

包茎手術が終了してから、約2時間程度で麻酔が切れます。患部に痛みを生じたら処方された痛み止めの薬を飲みます。更に手術後の7日間は毎日包帯を取り替えるようにしましょう。これらは包帯や消毒を出される医院もありますし、通院をして行われる場合もありますので病院の指示に従って下さい。

また、処方される止血剤や抗生物質は忘れずに飲み、痛みが出たら痛み止めを服用するようにしましょう。それでも痛みが治まらなかったり、痛みがひどいようならすぐに病院やクリニックに連絡して下さい。

普段の生活に戻ってからは、下着に触れると痛みや違和感を生じる事がありますが、これは1週間から3週間で慣れてしまいます。入浴は控えてシャワーは術後2日目から、激しいスポーツ等は2週間我慢して安静にして下さい。

これらが手術完了後の経過とアフターケアですが、選ぶ病院やクリニックによって経過を見る時間や対応が様々に違いますので、各医院に指示を守りましょう。


>> 次ページ「日本人の包茎人口率について」へ

包茎の基礎知識
包茎とは
包茎手術の必要性
包茎の原因
仮性包茎について
真性包茎について
カントン包茎について
包茎の衛生的問題点
包茎と病気
包茎の精神的問題点
包茎治療について
包茎手術について
手術の概要
切開系治療について
非切開系治療について
手術にかかる費用
手術のリスク
包茎矯正器具
包茎手術の流れ
下準備から手術準備まで
カウンセリングから仕上がりイメージまで
切開から縫合まで
手術完了からアフターケアまで
包茎豆知識
日本人の包茎人口率
世界の包茎事情
包茎にもメリットある?
虫や動物にも包茎はある?
包茎の歴史と割礼
包茎は男性だけの悩みではない?
包茎クリニック一覧
皐月形成クリニック
山の手形成クリニック
上野クリニック
大宮中央クリニック