包茎豆知識

世界の包茎事情

海外には日本にない包茎事情が沢山あります。

まず、ヨーロッパでは仮性包茎の状態が普通だと言われています。陰茎が通常の状態で包皮に覆われているか一部が被っている状態が普通だと考えられているのです。ですから、包茎の手術もある程度年齢のいった真性包茎やカントン包茎のみに行われてます。

一昔前のオーストラリアでは、男児の約9割が幼児の間に包皮切除手術を受けていたようですが、今では1割にまで減少をしています。これには、亀頭が乾いてしまったり性感が鈍くなってまうと言った理由があるようで、今では包皮を再生する手術を行う人もいます。

また、これとは反対に韓国では盛んに包皮切除が行われています。第二次大戦後のアメリカ軍駐留によってアメリカの文化が流れ込んだ結果、切除手術が一般的になり、2002年には9割の人が包皮切除をしていたというデータもあります。

そのほか、アフリカやアメリカ、フィリピン等では衛生上、包皮の切除が行われていたりもします。


>> 次ページ「包茎にもメリットある?」へ

包茎の基礎知識
包茎とは
包茎手術の必要性
包茎の原因
仮性包茎について
真性包茎について
カントン包茎について
包茎の衛生的問題点
包茎と病気
包茎の精神的問題点
包茎治療について
包茎手術について
手術の概要
切開系治療について
非切開系治療について
手術にかかる費用
手術のリスク
包茎矯正器具
包茎手術の流れ
下準備から手術準備まで
カウンセリングから仕上がりイメージまで
切開から縫合まで
手術完了からアフターケアまで
包茎豆知識
日本人の包茎人口率
世界の包茎事情
包茎にもメリットある?
虫や動物にも包茎はある?
包茎の歴史と割礼
包茎は男性だけの悩みではない?
包茎クリニック一覧
皐月形成クリニック
山の手形成クリニック
上野クリニック
大宮中央クリニック