この人を見よ!

私は以前は、

「包茎はかっこ悪い」

「包茎だと恥ずかしい」

そう思っていました。

しかし、
別に包茎だって、いいじゃないかと、
最近になって思うようになりました。

それは、「ある出来事」があったからです。

その「ある出来事」とは、温泉に行ったときの話です。

私の隣で体を洗っていた40代くらいの男性がいました。
(女性だととんでもないことになってしまうのですが…。)

その方のペニスはそれなりに大きかったのですが、
見事にすっぽりと亀頭が包皮につつまれていました。

「この人、包茎だ!」

「40歳くらいなのに包茎だ!」

「この人、包茎なのに恥ずかしくないのかな?」

その時、私はそう思いました。

しかし、その方は、包茎であるにもかかわらず、
何食わぬ顔で自分の体を洗い、頭を洗った後、
堂々と、前を隠すことなく、包茎を隠すことなく、
湯船に向かっていったのです。

私は、その方が気にかかり、
その後もその男性をずっと観察していました。
(ある意味、変態かもしれませんが…。)

その方は、その後も温泉を非常に満喫し、体が温まった後、
再び、前を隠すことなく、包茎を隠すことなく、
湯船から出て、脱衣所へと消えていきました。

その堂々とした振る舞いに、

私は、

「なんか、この人、かっこいい!」

「この人、男だ!」

そう思いました。

彼の振る舞いはもちろん、
彼の表情は、実に自身に満ち溢れているようにも見えました。

見た目は、お腹には脂肪がついてぽっこりしていたし、
髪も少し薄くなりかけ、顔もそんなにかっこいいわけでもなかった。

でも、その人の堂々とした振る舞いに、
「男」を感じ、かっこいいと思ってしまいました。

自分は、包茎だったことが、
すごく恥ずかしくて、嫌で、治した人間です。

包茎を治したことに後悔はしていませんし、
むしろ、包茎を治して良かったとも思っていました。

でも、
その男性を見て、

「包茎って、そんなにダメなのかな?」

とも思うようになりました。

温泉にいた「包茎の男性」は、「イチロー」

イチロー。

あの誰もが知る、
日本野球界が生んだ、
メジャーリーグのスーパースター。

孤高の天才イチロー。

以下イチロー名言より引用

「第三者の評価を意識した生き方はしたくない。自分が納得した生き方をしたい。」

「世の中の常識を少しでも変えるっていうことは、人間としての生き甲斐でもありますから。」

「自分を殺して相手に合わせることは、僕の性に合わない。まして上からいろいろ言われて、納得せずにやるなんてナンセンスだと思います。」

そう、温泉にいた「包茎の男性」は、
まさに、「イチロー」だったのです。

「第三者にどう評価されようがかまわない。」

「自分が納得した生き方をする。」

「まわりから言われて納得せずにやろうだなんて思わない。」

温泉での男性の振る舞い、
堂々と湯船を去っていく男性の背中が、
そう語っていたように思えました。

包茎だからといって、

「かっこ悪い」

「恥ずかしい」

そう思うかどうかは、自分次第なんだなと、
「包茎の男性」を見て、
「イチロー」を見て、
そう思いました。

誰の包茎でもない、あなたの包茎

やれ、包茎だと、女性に嫌われるだの、
包茎だと、病気になるだの、
そういうのにいちいち流される必要はありません。

あなたが包茎を治したいと思えば治せばよいし、
治さなくても良いと思えば、治さなくても良いんです。

まわりから、

「包茎はかっこ悪い!」

「包茎は恥ずかしい!」

と言われたから、思われたから、
「包茎を治したい!」と思うのではなく、

あなたが、

「包茎はかっこ悪い!」

「包茎は恥ずかしい!」

「包茎のせいで女性に対し消極的になる…。」

「包茎のせいで友達に温泉に誘われても恥ずかしくて行けない…。」

「包茎を、早漏を治して彼女を満足させたい!」

「包茎のせいか、恥垢が目立つので病気が心配…。」

「包茎をなんとしてでも治したい!」

そう思うのならば、
包茎を治せば良いんだと思います。

人に言われたことをやって、
何も考えずに、人が言うままに行動し、
そして失敗、後悔したとき、
人のせいにしてしまうこともある。

(もちろん、最終的に決めたのは自分だから自分のせいなんですが、人にそそのかされて行動してしまった場合は、なんとも腑に落ちないという場合が誰しもあるかと思われます。)

でも、自分で考えて、自分で決めたことなら、
100%自分のせいにできる。

「自分で考えて、自分で行動する」

「我思う、ゆえに我あり」

「私は考える、だから私は存在する」です。

誰の人生でもない、
あなたの人生です。

誰の包茎でもない、
あなたの包茎なんです。

包茎を治すか、治さないかは、
あなた自身が決めることなんです。

じっくりと考えて、
決めてください。

以上を踏まえた上で、
「包茎の治し方が知りたい!」方は、
まずは、最初のページからご覧ください。

>> 最初のページ「包茎とは」へ


最後に、もう一つ、イチロー名言より引用

「手抜きをして存在できるものが成立することがおかしい。」

手抜きをして、何も努力もせず、
成立する、包茎が治ることはおかしい。

思春期の10代の方ならともかく、成人を過ぎた20歳を超えた方で、
何も努力もせず、行動もせずに包茎が治ると思っている方がいれば、
その考えは、間違っていると思います。

「包茎を治したい!」

心からそう思うのであれば、

「手抜き」をせず、
包茎を治すための努力をする、
包茎を治すための行動をとることが必要です。


※当サイトでは、包茎について可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その全てを保障するものではありません。当サイトのご利用により生じたいかなる損害において、一切の責任を負いかねますので、ご容赦ください。
包茎の基礎知識
包茎とは
包茎手術の必要性
包茎の原因
仮性包茎について
真性包茎について
カントン包茎について
包茎の衛生的問題点
包茎と病気
包茎の精神的問題点
包茎治療について
包茎手術について
手術の概要
切開系治療について
非切開系治療について
手術にかかる費用
手術のリスク
包茎矯正器具
包茎手術の流れ
下準備から手術準備まで
カウンセリングから仕上がりイメージまで
切開から縫合まで
手術完了からアフターケアまで
包茎豆知識
日本人の包茎人口率
世界の包茎事情
包茎にもメリットある?
虫や動物にも包茎はある?
包茎の歴史と割礼
包茎は男性だけの悩みではない?
包茎クリニック一覧
皐月形成クリニック
山の手形成クリニック
上野クリニック
大宮中央クリニック